【AV女優の裏話】AV女優のあるある恋愛事情→『男優を好きになってしまう』

ばなな18|裏エロ体験談MAGAZINE

ばなな18とは、アダルトな実態を暴露していくエロ体験談・エッチ体験談マガジンです。風俗では本番が出来る国内外のネタ。出会い系ではPCMAXやSNSやネット掲示板を中心に女子大生や人妻などのセフレができたネタをお伝えしていきます。専属ライターはナンパ師・風俗嬢・元ホスト・性犯罪者・マニアックな愛好家など、実際にあった話しを画像と共に掲載中。当ブログを熟読すれば、あなたのエッチな欲望を満たす解決策になること間違いなし!

エロい実話 yuri(元AV女優) ライター:-

【AV女優の裏話】AV女優のあるある恋愛事情→『男優を好きになってしまう』

投稿日:2017年10月31日 更新日:

企画AVのバイトをしていたときのことです。

雑誌の仕事が入りました。
久々に、絡み(セックス)ありの、大きな仕事です!

アダルト雑誌には、読者からのハメ撮り写真投稿ページがよくありますが、
あれは、実際に投稿されたものではありません。

私たちのような企画AVモデルが、仕事としてそういう写真を撮るのです。
そして、今回の私の仕事は、この雑誌のハメ撮り写真撮影の仕事でした。

撮影の日、マネージャーに言われていた、
とある出版社に集合しました。

その出版社は、アダルト雑誌だけを出版していません。

漫画雑誌やファッション雑誌、ギャル雑誌といった、
色んな雑誌を出版している、大きな出版社でした。

担当者さんに会議室のようなところに案内されたあと、

AV監督
「今日の撮影は、3階の応接室でやるからね」

 

と説明を受けました。

企画AVというのは、
AV男優と絡むということは、まずありません。

『AV男優』と絡むことができるのは、
単体女優か、一部の売れっ子企画女優です。

普通の企画モノで男優役をするのは、たいていそのメーカーで働いている社内の人で、
自分でやるか、できそうな人を調達してきます。

AV女優の恋愛-男優を好きになってしまった

仕事=セックスのはずなのに・・

応接室で待っていると、担当者さんと、
小さなデジカメを持った若い男性が現れました。

AV監督
「頼むぞテツ!」

 

と言われ、その担当者さんは去っていきました。

私はてっきり、私と男優役がセックスしているところを、
カメラマンが撮影するのかと思っていました。

でも、よりリアリティを出すためか?やりやすくするためか…?

私は男優役のテツさんと2人きりでセックスをして、
テツさん自身がときどき写真を撮るらしいのです。

(個室に2人きり…これからセックスをする…)

妙な空気が流れました。

「よろしくお願いします」

と、お互いかしこまってあいさつ。

「△△って雑誌知ってる?ティーン雑誌の。俺、それの編集やってんだよ」

「知らないけど、すごいね。私は普段は××大学の学生だよ」

「そっか」

そんな少しの会話をしたあと、
仕事…セックスに入りました。

ソファの上で、座ったままキス。

そして、服の中のおっぱいを触られ…脱いで…、
アソコに指が入り…、挿入…

テツさんは、ときどき、盛り下げないように、
瞬時に私の写真や、2人の局部のあたりの写真を撮っていました。

そして、テツさんが最後、私のお腹の上に発射しました。

テツ
「ふぅ…」

 

なんとなくお互い照れ笑いを浮かべながら、
ティッシュで拭き掃除をしました。

今日の仕事はこれで終わりです。

その日家に帰って寝るとき、
テツさんのことばかり思い出してしまいました。

それまで、AVの仕事で、
5人くらいとセックスをしたことがあります。

だけど、

私はその相手の人のことを、
後になって特に思い出すことはありません。セックスも、感じません。

しかし、

テツさんとは、とても感じました。

そして、テツさんに好意を持ってしまった自分にも、気づきました…

会いたい気持ちが爆発

次の日も、また次の日も、テツさんのことばかり考えていました。

『もう1度会いたい…だけど、私は企画AV。共通点は、あの仕事のセックスだけ…』

テツさんのことで知っているのは、
△△という雑誌の編集者であることだけです。テツさんは私の本名すら知りません。

事務所のマネージャーに、

「テツさんの連絡先を教えてほしい」なんて口が裂けても言えないし、
直接出版社に電話をかけたりしたら、ストーカーみたいだし…。

(だけど、もう1度会いたくてたまらない…。)

私は、本屋に立ち寄って、
テツさんが編集をしているという雑誌を見てみました。

バリバリのギャル雑誌で、私とは無縁です。

(編集者の名前とか、載ってないかな…)

と最後のページを見てみたら、
ずらずらと10名くらいの名前が書いてありました。

その中に「○田哲矢」という名前を見つけました。

「!」と思いましたが、果たしてこれが編集者の名前なのか、
もっと偉い役員の名前か、発行元の誰かの名前か、見当もつきません。

ただひとつ、手掛かりを見つけました。

それは、編集後記です。

毎号この雑誌には、編集後記に、
編集者が顔写真と名前を添えて、コメントを書いていました。

(テツさんがもし編集後記を書くときがきたら、本名がわかるかもしれない!)

私は、少しだけ期待に胸を膨らませました。

手紙で電話番号を送る

次の号が出たとき、ドキドキしながら編集後記を見ました。
テツさんではありませんでした。

次の号…

なんと、その編集後記の写真の顔は、テツさんでした!
そして、「○田哲也」という名前は、やはりテツさんの名前でした。

『名前はわかった。じゃあ次はどうしよう…!』

悩みに悩んだあげく、私はその雑誌の編集局あてに、
手紙を書くことにしました。

もちろん宛名は、「○田哲也様」。

『この間仕事でご一緒した、××事務所のリカです。本名は○○です』

といった書き出しで、もう一度会いたい気持ちを書きました。
そして、私の電話番号とメールアドレスを書き添えました。

気づいてくれるかな、覚えててくれてるかな、変な女って思われるかな…
色んな思いが交錯しつつ、ドキドキしながら、ポストに投函しました。

それから1週間ほどして、見知らぬ番号から着信がありました。

『誰だろう?』ととると、

テツ
「もしもし、○田です」

 

!!!

それは、まぎれもなくテツさんの声でした!
なんと、電話をかけてきてくれたのです!

テツ
「手紙ありがとう。僕のこと、よくわかったね」

 

やはり、驚いてはいました。

そして少し私の学校の話、テツさんの仕事の話をしたあと、

テツ
「また遊びましょう!」

 

と言われました。私は嬉しくて、飛び上がりそうでした。
会ってくれるんだ…!

男優さんとの初デート~エッチ

そして1週間後、
プライベートで会うことになりました。

待ち合わせは、渋谷のハチ公前。テツさんは仕事が遅いので、
夜8時くらいに待ち合わせました。

少し遅れてテツさんがやってきました。

すごく恥ずかしかったけど、会えて、
本当に嬉しかったです。カラオケに行きました。

最初は順番に歌って、間におしゃべりもして、テツさんが今27歳で、大阪出身で、
彼女と別れて半年くらいだってことを教えてくれました。

そして、少しお酒を飲んで酔いが回ってきたころ…

テツ
「エッチする?」

 

テツさんが言いました。私はコクリとうなずいて、
カラオケボックスで、2度目のセックスをしました。

(きっと、テツさんも私のことを気に入ってるんだ)

そう確信していました。

だけど、コトが終わったあと、テツさんはなんだか淡白でした。

告白するも撃沈

「私、テツさんと、付き合えたら嬉しいな」

 

ズバリ勇気を出して言ってみました。

テツ
「…」

 

沈黙…。

どうして?わざわざ電話もくれて、会ってもくれたのに…?

テツ
「俺さ、前の彼女のこと、すごく後悔してるんだ。俺がちゃんと付き合えなくて、自己嫌悪になって、それで別れてしまった…」

 

「…」

 

涙が、ぽろぽろこぼれてしまいました。フラれるんだなってわかったから。

「私は、あなたの彼女になりたいの」

 

テツ
「俺、○○ちゃん(私)のこと、大切にできないと思う…」

 

…明言はしなかったけど、テツさんはやっぱり、

AVやるような子は、彼女にしたくないんだなっ

て、感じました。

AV女優は汚れ

『今日はAV女優じゃない、普通の子だ!』、

私はそう思っていたけど、
テツさんの中では、やっぱり私はAV女優みたい…

テツさんの前で、わんわんと泣いてしまいました。

カラオケボックスを出ると、雑踏でした。

駅に向かって歩き出しました。テツさんが前を歩き、
私は後ろをついていきました。

わざと距離を作って、途中ではぐれました。

テツさんから着信があったけど、取りませんでした…
AVっていうのは、ときに悲しい職業なのです。

★ばなな18特集→出会い系で現役AV女優の●●●とガチで会えた※証拠有り出会い系でAV女優と出会えた体験談

【ばなな18特集】月額3000円以下で可愛い素人と本番セックスできた証拠記事

JD「ミホちゃん」と出会った当日にハメ撮りできたわ~

出会い系 JD 体験談

【広島編】人妻「ゆうか(27歳)」と即エッチしてきた

出会い系 広島 人妻

【大阪・日本橋】ギャル「ゆみちゃん」と即ハメしてきたわ~

出会い系 ギャル 体験談

風俗嬢「葵ちゃん」とゴム××本番エッチしてきた

出会い系 風俗嬢

人妻「かおるさん」とのハメ撮り暴露します

出会い系 タダマン 体験談

【兵庫・三ノ宮】美人すぎる「りなちゃん」とハメ撮りセックスしたわ~

出会い系 美人 体験談

-エロい実話
-

関連記事

【けいの割り切り日記⑥】まりさん(26歳)・・ブスだった。※一応、2回戦プレイ。

けい どうも、けいです。   この前人妻さんと昼間にホテルでまったりしてきたので、 その時の話を書きたい思います。 この日は有給がとれて、一日フリーでした。 というか、有給を自動的に取らされ ...

【AV女優の裏話】一番辛いと言われる『レズプレイ物』に出演してきました

AV事務所に、企画AVモデルとして登録をしてから、 始めてやった仕事がこのレズの仕事。 面接の翌日、早速マネージャーから電話があり、 「××事務所のSです。○○ちゃん、今月の○日あいてますか?ソフトレ ...

【海外風俗・出稼ぎ体験談】1st、歯磨きプレイで8万くれた社長の話

読者投稿:ゆずにゃん(仮名) 28歳ぐらいだったシドニー留学時代の話。 日々の課題や授業に追われバイトする暇もなかった。 明後日には1か月分の家賃600ドルを用意しなければいけない。 手っ取り早く稼げ ...

【出会い系】性春時代のあま酸っぱい初体験、DT君編

シュゥゥっと空気圧が抜ける音がした、 バスが停まった、車内にいるのは僕と運転手さんだけだ。 一番後ろの席を立ち上がった僕はよろめきながら歩き始める、 からっぽの車内には両側の窓から太陽の光が差し込み、 ...

『下着泥棒常習犯』が生々しい体験談の全てを語る。

シミケン やあ!シミケン様だ。   俺様も皆と同じで女の下着が大好きだ。 下着売り場なんかは通るだけで身体がゾクゾクしやがる。 ましてやエロい下着が干してあった時なんか、 欲しくて欲しくてど ...

【ワシのキャバクラ体験記】『vipルーム』で1晩25万使って変わったこと

今回は都内の墓高級キャバクラの話。 どうしても好きなキャバ嬢「めありちゃん」を振り向いてほしくて、 人生で初めての「VIPルーム」で指名。 「めありちゃんはどんな反応をしてくれるんだろう。もしかしたら ...

【卒業】20歳で童貞を捨てたけど勝手に語っていく

読者投稿:圭介 俺は今年で20歳。 岐阜県内の電子部品を作っている会社で契約社員として3年前からこの仕事をさせてもらっていて、 それなりに給料を貰い、休日は趣味を楽しみ平日は仕事で汗水流して仕事をして ...

東京都のSMルームがあるオススメのラブホランキング6選

東の都として多くの人が住んでいる東京は、 渋谷や池袋、新宿などブームの最先端を走っています。 都会の喧騒を感じる事が出来る魅力がありますが、 東京にはちょっと変わったSMラブホテルがいくつかあります。 ...

Copyright© ばなな18|裏エロ体験談MAGAZINE , 2019 AllRights Reserved.